【本】佐藤泰志『黄金の服』-私小説風でありながらそれほど鬱陶しく感じない



41歳で亡くなった函館出身の作家 佐藤泰志の作品集。

芥川賞候補作「オーバー・フェンス」と「黄金の服」、「撃つ夏」が収録されている。

いずれの作品も20代前半の男性が主役で、閉塞感の中に身を置きながらも出口を見いだせないでいる、人生のひと時が切り取られている。

私小説風でありながら、それほど鬱陶しく感じないのは、乾いた文体のなせる技だろうか。

前向きな余韻を残す「オーバ・フェンス」より、諦念に似た感慨のある「黄金の服」の方が小説としては良い出来だと思う。


「オーバ・フェンス」の映画化作品はこちら。

320.jpg


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ