【本】ピエール・ルメートル『その女アレックス』-事件の顛末よりは、心理描写に興味を惹かれた



作品の冒頭からは、見知らぬ男に誘拐、監禁された女性の脱出行を描く、いわゆる監禁ものを想像する。

監禁ものとしても疾走感たっぷり、十分スリリングなのだが、物語は、あっと驚く予想外の方向へ展開していく。

行方不明になった女性を追うカミーユ警部他、捜査チームの面々は、猟奇的な殺人事件にぶち当たってしまう。

追うもの、追われるもの双方が心に闇を抱えているという、鬱屈した緊張感が特徴的だが、カミーユ警部の風貌も含めた独特のシニカルさが良いアクセントを添えている。

事件の顛末よりは、登場人物の立ち振る舞いや心理描写に興味を惹かれた。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ