【本】麻耶雄嵩『螢 』-素直に楽しめればよかったのだけど



過去大量殺人が起きた別荘で、肝試しにきた学生たちに惨劇が再び!

クローズドサークルもののミステリにありがちな、突然の嵐で陸の孤島と化すというシチュエーションはご愛敬だ。

癖のある作家さんなので、最初から疑ってかかるような読み方がいけなかったのだろうか。途中で、叙述ミステリの気配を感じ、どうもストーリーにのめり込む事ができなかった。

登場人物たちの会話の多寡に引っかりを覚え、衝撃的ともいえる真相究明シーンで、ああそうかと脱力である。

ミスリードをやりすぎると意地になって、綻びを見つけたくなってしまう。素直に楽しめればよかったんだけどな。

【麻耶雄嵩 関連 記事一覧】
【本】麻耶雄嵩『あいにくの雨で』-苦味をともなった切ない余韻がいい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ