【本】ジャック・ダン編『不思議な猫たち』-有名作家が多いものの



「魔法の猫たち」に続く、猫にまつわる短編小説を集めたアンソロジー。

猫だけじゃなく、クーガー、ジャガー、虎といった広くネコ科の動物が登場するので、タイトルと可愛らしい表紙は如何なものかと思ってしまう。


前作が良かったからなのか、有名作家が多いもののさして目を引く作品はあまりない。

なかでは、遺産相続猫?との顛末 アシモフ「かわいい子猫ちゃん」、しゃべる猫を育てようとした男 ジョン・コリア「多言無用」が良作だろうか。

アブラム・デイヴィッドスン「パスクァレ公の指輪」は猫小説かというと疑問だが、エステルハージィ博士もので読み応えがある。


その他の作家陣は以下のとおり。

フリッツ・ライバー/マイクル・ビショップ/タニス・リー/ウォード・ムーア/ルーシャス・シェパード/リリアン・ジャクスン・ブラウン/パメラ・サージェント/アシューラ・K・ル・グィン/R・V・ブランハム

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ