【本】長浦京『赤刃』-「新感覚の剣豪活劇」とは言いえて妙



徳川家光の治世、六人の凄腕辻斬り集団を追う、掃討使 小留間逸次朗の活躍を描く時代劇。


主人公は、行き場を失った武士たちの鬱勃とした思いにシンパシーを感じながら、満身創痍で闘い続ける。


本作品は、漢と漢、剣と剣といった正統派のヒーローものではない。

主人公の勝ちゃなんでもアリアリの戦法は、肩すかしすら感じるシーンが度々で、「新感覚の剣豪活劇」とは言いえて妙。

カーチェイスならぬホースチェイスあり、命からがらの脱出行ありと、血沸き肉躍る読みどころが満載だ。


ただ、ページ数の割に登場人物をてんこ盛りにしてしまったため、とっちらかった印象を残してしまった。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ