【本】今野敏『隠蔽捜査』-シリーズものとしての以降の展開が楽しみ



警察小説では概ね敵役のキャリア官僚が主役という本作品。


明晰な頭脳で事件を一刀両断といった現実離れしたものではない。

主人公は、東大至上主義、権力志向ぷんぷんで、正論ばかり振り回す魅力が乏しい男だ。

しかし、読み進めるうちに、主人公なりの一貫した正義感が明らかになり、その変人ぶりがいとおしくすらなってしまう。


警視庁を揺るがす報復殺人。そして、息子のドラック吸引の発覚。

幾重にも輻輳する困難に、敢然と立ち向かう孤高の官僚魂へ拍手喝采せざるを得ない。


脇役キャラがたっていて、シリーズものとしての以降の展開が楽しみだ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ