【本】麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』-相変わらず破壊力抜群



亡き女優を偲のび二十年ぶりに孤島に集った男女に起こる惨劇。

真夏に降る雪の中の密室殺人で幕を開ける。


事件発生へのテンポが緩慢で、読者を置いてきぼりにさせるくらいに衒学的であり途中まで欠伸が出る。

怒涛のクライマックスへといきたいところだが、これはミステリというより、不条理な世界へようこそ!ダークファンタジーへ誘われてしまう。


テーマ?のアイデンティティへの問題を深読みしてしまうと、混乱の極みに陥るだろう。


ラスト1頁で銘探偵登場はご愛敬だが、相変わらずの破壊力抜群のラストは、未解決の謎なんてなんのその痛快ですらある。

【麻耶雄嵩 関連 記事一覧】
【本】麻耶雄嵩『翼ある闇』-恐ろしいものを読んでしまった
【本】麻耶雄嵩『神様ゲーム』-finishing strokeで混乱の極み
【本】麻耶雄嵩『螢 』-素直に楽しめればよかったのだけど
【本】麻耶雄嵩『あいにくの雨で』-苦味をともなった切ない余韻がいい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ