【本】麗羅『桜子は帰ってきたか』-良質なミステリ



週刊文春1983年 国内4位


1945年 終戦。安東桜子は、亡き夫真琴を恩人と慕うクレとともに、満州からの脱出を図るべく、朝鮮へ向かっていた。

途中、三人の女性を行動をともにした桜子とクレだったが、日本への船路を目前として離ればなれになってしまう。

36年後、日本を訪れたクレは、桜子が帰国していないことを息子の真人から聞かされる。

が、桜子と乗船した女性達のうち、ひとりだけは、日本に辿りついていたのだった ・・・


サントリーミステリー大賞読者賞受賞作。明らかに大賞の『虹へ、アヴァンチュール』(週刊文春1983年 国内2位)より面白い。


中国残留孤児問題を背景にしたミステリーなのだが、時も場所も異なる複数の殺人事件を、ひとつに収斂するストーリの仕立て方がすばらしい。

文章も力強くて、簡潔で、敗戦時の過酷な状況に緊張感が漲っている。


このあたりは、大賞作とまったく逆なんだなぁ。

なぜこちらが選出されなかったんだろう。


特徴的なのは、クレ、桜子、真琴、真人、桜子の父耕作、登場人物が、それぞれとても良い人たちなのだ。

でも嫌味がない。

特に、クレの、桜子に対するあまりにもプラトニックな愛情が際立っている。

圧倒的な悪意との対比がとても上手く描かれているので、それだけに、ラストのクレの行動が胸をうってしまう。


犯人は予想がついてしまうのだけれど、良質のミステリーに出会えた感が強い。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ