【本】乙一『小生物語』-ファンにはうれしい一冊



ネットに公開された著者の日記を本としてまとめたものである。


愛知、東京、神奈川と転居を区切とした三部構成となっており、趣味や交友関係、創作秘話(?)などが、日常生活をベースに虚々実々入り混じりながら語られている。(虚は妄想に域ではあるが)


なるほど、こういう思考回路のひとが、ある時は黒かったりある時は白かったりと相反する物語を紡ぐのかと思うと、感慨深いものがある。

大爆笑とまではいかないが、フフフと頬が緩むことは間違いない。


著者の人となりがうかがい知ることができる、ファンに嬉しい一冊だ。


【乙一 記事一覧】
【本】乙一『箱庭図書館』-企画ものではあるが
【本】乙一『平面いぬ。』-乙一版 ど根性ガエル
【本】乙一『暗黒童話』-グロテスクで幻想的な雰囲気とミステリー作品のような展開
【本】乙一『きみにしか聞こえない』-羽生都さんのイラストが魅力的
【本】乙一『暗いところで待ち合わせ』-せつなさワールドへ誘う乙一節を堪能す
【本】乙一『天帝妖狐』-懐かしさをともなった、せつない物語
【本】乙一『死にぞこないの青』-劇薬入りビルドゥングスロマン
【本】乙一『夏と花火と私の死体』-勝手なことを書いちゃうと
【本】乙一『さみしさの周波数』-せつなさ満開

【山白朝子 記事一覧】
【本】山白朝子『死者のための音楽』-グロテスクで、切なくて

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ