【本】大道 珠貴『しょっぱいドライブ』-小説として単につまらない」との評に激しく同意



港町を舞台に三十代女性と老人とのうだうだの交際を描いた作品。


収録されている他の二作品も同様だが、女性主人公が心のうちが響いてこず、退屈な世間話につき合わされたような錯覚に陥る。

愛が存在せず、むしろ老醜さえ感じている男性への依存は、よくある事ではあるがゆえに、表面上のことをつらつら述べられても読み手は何も得られない。

あえてそういうところを狙っているとしたならば、成功しているのだろう。


純文学としての文章表現にも感じ入る事ができなかった。


芥川賞選考委員の村上龍さんが「小説として単につまらない」と評したそうだが激しく同意。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ