【本】西澤保彦『悪魔を憐れむ』-酒飲み仲良しグループ健在なり



四国の架空の地方都市を舞台に、匠千暁(タック)と仲間たち、高瀬千帆(タカチ)、辺見祐輔(ボアン)、羽迫由起子(ウサコ)が様々な事件を解決していくというシリーズものの最新短編集。


シリーズ第一作『彼女が死んだ夜』で大学のニ回生だったタックは、本作品集では卒業しフリーター生活をしている。

タカチ、ボアン先輩、ウサコもそれぞれ自分の道を歩み始めているのだが、酒飲み仲良しグループは健在なり。


全四作品ともに本格もので、人の心の闇をほじくり出したような非常に重たい内容になっている。

タックと仲間たちが推理合戦を繰り広げて事件を解決に導くわけだが、多少外し気味ではあるものの軽妙な会話の応酬が、事件の暗い真相をより際立たせていくのが特徴的。


読み手に提示される謎は最高難度で、本線とは別の事件を安楽椅子探偵のごとく解き明かしたりと、読み応えがある。


■無間呪縛
平塚刑事の自宅で発生する、心霊現象の解決を依頼されたタック。それは、ラップ音とともに置き時計が宙を舞うというものだ。幽霊が苦手なタックは、ウサコとともに、不可思議な現象が起きる部屋の調査を開始する...

ねじれにねじれた人の心のあやが事件の真相に関わっており、読み手に重くのしかかってくる作品。一見無関係な出来事を事件解決のヒントする著者の匠の技が堪能できる。遠距離恋愛中のタカチから依頼された事件も並行して一刀両断、解決してみせるが、こちらも後味がよろしくない。

結婚することとなるウサコと平塚刑事との出会いの事件である。

■悪魔を憐れむ
行きつけの居酒屋の店主から、恩師の自殺を止めるよう依頼されたタック。指定された日時にタックが見張りする最中、その恩師はどこがらともなく忽然と現れ自殺を遂げてしまう...

タイトル通り非人間的な所業のやつらが織りなす厭な話。本作品はタックのパートナーはいないが、事件の真の首謀者との対話で真相が明らかになっていく流れだ。心理的な操作は読んでいて気持ちがよくないそ、二転三転する最後の一言で、さらに暗澹たる思いにさせられる。

■意匠の切断
市内で発見された首と手が切り落とされた男女の死体。首と手はそれぞれ離れた場所にオブジェにように飾られていた。佐伯刑事は、タック、そして東京から帰省したタカチに事件解決に向けての協力を依頼する...

こちらは恋人同士のタックとタカチの推理合戦が楽しめる作品。猟奇的な事件の真相は、思いもよらぬ方向へと展開していく。現実離れし過ぎのきらいがあるが、タックとタカチの深いところで結びついた愛情がよくあらわれている。

■死は天秤にかけられて
タックが飲み屋で耳にした怒声。声の主はタックが以前ホテルのロビーから見かけた男だった。タックは一緒に飲んでいたボアン先輩と、その男をネタにその怒声の背景をあぶり出していく...

タックとボアンの推理ゲーム。多少強引さは否めないが、様々な客観的な事象から事件として組み立てていく思考の冴えが見どころだ。酩酊探偵の面目躍如というところだろうか。

本作品で、留年を繰り返していたボアン先輩は、卒業し女子高の教師となることが決まった。


本作品集の時代背景は1993年~1994年ですから、タックらの素敵な面々が今どうなっているか想像すると楽しくなる。


なお、シリーズ十作となる本作品を読む前には、少なくとも『彼女が死んだ夜』を読んでいた方が良いだろう。

過去の事件を振り返るシーンがちりばめられており、シリーズのファンにはたまらないと思う。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ