【本】麻耶雄嵩『痾』-前作、前々作に比べると破壊力不足,



『夏と冬の奏鳴曲』の続編だが、前作で未解決の謎はほっぽらかしのまま。

なにせ主人公如月烏有がバナナで滑って転び事件の記憶を失くしているのだから。


人を食ったような出だしで、夢現のまま放火を繰り返すようになった烏有と、何故かそこに他殺死体の残されるという新たな謎が開陳されていく。

名探偵木更津悠也、そして銘探偵メルカトル鮎の競演が見られる本作品は、期待の割に事件の真相が破壊力不足ではある。


前々作、前作がぶっとび過ぎてきたからでしょう。メルカトル鮎に後継指名された烏有。

果たして新たな銘探偵登場となるのだろうか。

【麻耶雄嵩 関連 記事一覧】
【本】麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』-相変わらず破壊力抜群
【本】麻耶雄嵩『翼ある闇』-恐ろしいものを読んでしまった
【本】麻耶雄嵩『神様ゲーム』-finishing strokeで混乱の極み
【本】麻耶雄嵩『螢 』-素直に楽しめればよかったのだけど
【本】麻耶雄嵩『あいにくの雨で』-苦味をともなった切ない余韻がいい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ