【本】ダフネ・デュモーリア『人形』-心穏やかな時に読むのをオススメしたい初期の作品集



『人形』は、ダフネ・デュ・モーリアの14編からなる短編集だ。

解説によるとデビュー以前、デュ・モーリア21歳頃に書かれた「人形」を含む初期の作品が収められているとのことである。

全編ともに明るい未来をすかっと裏切ってしまうバットエンディング(サッドエンディングか)で、デュ・モーリアっぽいのだが、
20歳そこそこから暗澹たる作品を書きつられている、その人となりに興味を覚えてしまう。

ひとの心のねじくれた闇の部分やエロッチックな感情を、第三者的になぞっているようなじれったさが気にいった。


翻訳もすばらしく(もちろん原文は読んでいないのだが)、作品世界と調和が保たれている(んだろうと思う)。


「きみはすべての男に破滅をもたらす。輝きはするが、自らを燃やすことのない火花。他の炎を煽る炎。
 僕はきみのなかの何を愛しただろう?きみの無関心と、その無関心の表面下で誘いかけるもの以外の何を?」


14編のうち、著名な神父の俗物さを描いた「いざ、父なる神に」、「天使ら、大天使とともに」と、堕ちていく女性の独白「ピカデリー」と「メイジー」はそれぞれ前後関係があり、
シンクロしているようにも思えるが、その他の作品には関連性は見いだせない。


ベスト5を選ぶとしたら、以下のようになるだろうか。


■人形
恋に焦がれる男性が、垣間見た女性の秘密とは...

具体的な何かは明示されていないのだが、とても淫靡なものを想像せざるを得ない。
女性の名前レベッカは、解説にあるとおり、「レベッカ」への底流にあるものを探りたくなる。


■飼い猫
寄宿学校を出た娘が帰郷すると、母の態度はいつしか冷徹に変化し...

母娘の間の女性の嫉妬が、娘の独白により浮彫にされていくのだが、娘の無垢さはどこか確信犯的なものを匂わせている。


■ウィークエンド
週末を過ごす恋人に危機は突然、訪れて...

あばたもえくぼが、許し難い欠点へと変わっていく過程を、軽妙に描いている。今も昔もよくある話。


■そして手紙は冷たくなった
熱心に口説き落とした女性なのに...

男性の心変わりをする様が、女性宛てへの書簡の形式で語られていく。「ウィークエンド」同様、今も変わらない男女間の風景だ。


■笠貝
ひとに依存しひとをコントロールし続ける女性の生きざまは...

善意でコーティングした欲望を活写した作品。それでも自身の不幸を嘆き続ける女性にうすら寒いものを覚える。



読書に勧善懲悪的な爽快さを求めると外してしまう作品集ではある。


比較的、心穏やかな時に読むのをオススメしたい。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ