【本】リチャード・ニーリイ『』- ニーリィにしてはオーソドックス(?)なミステリ



二十年前に自ら命を絶った妻の遺品から見つかった一通の手紙。夫は妻の死が他殺であることを確信し、現在の恋人の協力を得て真相究明に乗り出す。


恩人、親友、実弟と怪しい人物が次々に浮かびあがるのだが、冒頭からこのあたりへの謎のばら撒き方やスピーディな話の運び方が上手い。

ニーリィといえば『心引き裂かれて』のように、最後の最後に鮮やかなどんでん返しを見せてくれる作家だが、本作品はいたってオーソドックス(?)なミステリといえるだろう。


捜査活動の様々な妨害を受ける主人公。ついに亡き妻の遺体まで盗まれてと、話は続く。


真相には若干のどんでん返しはあるものの、衝撃度は少なめだろうか。

【リチャード・ニーリィ作品 記事一覧】
【本】リチャード・ニーリィ『殺人症候群』-どんでん返しのあるサイコ・ミステリー

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ