【本】中田永一『百瀬、こっちを向いて』-心地良い読後感がやみつきになりそうな恋愛小説集



心地良い読後感がやみつきになりそうな恋愛小説集。白乙一描く切なさと重なるところはあるものの、より日常に近いハートウォーミングな物語になっている。

収録4作品の主役は高校生だが、ノスタルジックな気持ち誘われ、かなりの(!)大人が読んでも十分に楽しめる。

恋人の芝居を続けていくうちに恋心が芽生えていくタイトル作は、ありがちなプロットと結末ですが程よいほろ苦さが絶妙だ。

その他、5年もの間意識を失った女子高生「なみうちぎわ」、覆面作家は恋する先生だった「キャベツ畑に彼の声」、元モデル女子高生はブスメイクで別人に「小梅がとおる」。「小梅がとおる」は男心、女心ともにしびれた。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ