【本】麻耶雄嵩『貴族探偵』-著者らしさが希薄



麻耶雄嵩作品には既成の概念をぶっ壊す破天荒さを期待してしまうが、本作品集は真っ当な本格ものであり、フツ―に楽しく読むことができる。

多少目をひくのは、得体が知れぬ高貴な身分の探偵と、彼の手足となって事件の謎を(実際に)解き明かす執事、運転手、メイドというキャラクター設定の妙か。

主人公の鼻もちらならない言動や女ったらしっぷりはご愛敬だが、素人探偵が捜査に強引に介入するくだりはあの有名作品を思い起こしてしまった。

本作品集は、事件の発生から解決まで短編ならではでスッキリとまとまっているし、衒学的なくどさがないので読みやすくはあるね。

「こうもり」の現実離れしたトリックやオチは著者の作品らしくはあるが、全体的に物足りなさを感じるのは長編でみられる”らしさ”が希薄だからだろうか。



【麻耶雄嵩 関連 記事一覧】
【本】麻耶雄嵩『痾』-前作、前々作に比べると破壊力不足,
【本】麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』-相変わらず破壊力抜群
【本】麻耶雄嵩『翼ある闇』-恐ろしいものを読んでしまった
【本】麻耶雄嵩『神様ゲーム』-finishing strokeで混乱の極み
【本】麻耶雄嵩『螢 』-素直に楽しめればよかったのだけど
【本】麻耶雄嵩『あいにくの雨で』-苦味をともなった切ない余韻がいい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ