【本】麻耶雄嵩『木製の王子』-相変わらずの力技にやられた



名探偵 木更津悠也とメルカトル鮎の後継者なれど役立たずぷりが甚だしい如月烏有の登場作品。

時系列的には『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』後にあたる。


クローズドサークルもので、殺人事件の容疑者たちの誰もが誰かのアリバイを証明してしまうという不可能犯罪が発生する。

列車ミステリを揶揄したかのようなアリバイ崩しは、頭痛の種をまき散らしてくれた。

理解することすら放棄してしまったまま、相変わらずの力技にやられてしまうことになる。


事件の背景には胡散臭さを感じざるを得ないが、狂気に駆られたかのような怒涛のクライマックスは戦慄を覚た。

【麻耶雄嵩 関連 記事一覧】
【本】麻耶雄嵩『貴族探偵』-著者らしさが希薄
【本】麻耶雄嵩『痾』-前作、前々作に比べると破壊力不足
【本】麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』-相変わらず破壊力抜群
【本】麻耶雄嵩『翼ある闇』-恐ろしいものを読んでしまった
【本】麻耶雄嵩『神様ゲーム』-finishing strokeで混乱の極み
【本】麻耶雄嵩『螢 』-素直に楽しめればよかったのだけど
【本】麻耶雄嵩『あいにくの雨で』-苦味をともなった切ない余韻がいい

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ