【本】車谷長吉『赤目四十八滝心中未遂』-力のある私小説



昭和の尼崎が舞台の私小説。


人生をドロップアウトして流れ着いた町。そこで主人公は、部屋の中でひたすら肉の解体作業をおこない、糊口をしのぐ。


怪しげな人々に囲まれ、出口を見いだせない鬱勃とした日々。

底辺感がとても辛気臭くて読み進めながら気が滅入る。それだけ作品に力があるということなのだろう。


そんな中のワケありの美女との交情は、ダメ人間の生活に潤いをもたらすとともに、奈落の底を予感させる。

ラストはちょっといい感じですが、この作家はどんな生き方してきたのだろうと思ったりして。


【直木賞】




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ありがとう
プロフィール

hit4papa

Author:hit4papa
日常の事をつらつら記録していましたが、一年過ぎた頃から読書の備忘録になってしまいました。日々の事などはTwitterにて。

最新記事
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほん ブログ村
ブクログ
twitter
本が好き!
月別アーカイブ